HOME >>  3Dスキャナー > 6万円で買える!3Dプリンターとスキャナとレーザーの複合機

6万円で買える!3Dプリンターとスキャナとレーザーの複合機

キックスターターでは、3Dプリンターと何かを組み合わせる複合機が多くなってきてますよね。
以前の記事では以下のような複合機をご紹介しました

◯3Dプリンターとスキャナの複合機

◯3Dプリンターと射出成形機とCNCの組み合わせ

◯5軸加工機と3Dプリンターやウォーターカッター

3Dプリンターとスキャナーとレーザーカッターの複合機

そして、今回キックスターターに登場した「FLUX All-in-One 3D Printer」は、プリンター、スキャナー、レーザーカッターの複合型マシンです。
デルタ型の3Dプリンターベースで、ヘッド部分を付け替えることで3つの機能が実現されています。

スペックを見ていくと、3Dプリント可能な高さが18センチと、デルタ型の特徴である高さのあるモノが造形できます。さらに、解像度も最大0.05mmと水準以上です。

FLUXの3Dプリンターヘッド

 

3Dスキャナのスペックとしては、Makerbot Digitizerと同程度のようです。
分解能はスペックに書いてませんが、Digitizerと同じ0.5mm程度と推測すると、iSenseなどよりは良さそうです。

FLUXの3Dスキャナーヘッド

 

そして、レーザーカッターとしては出力が弱く、レーザー彫刻機レベルですね。
しかし、Laser Cubeの倍の出力があり、木材までは彫刻できるようです。

FLUXのレーザー彫刻ヘッド

というわけで、「FLUX」は、それぞれの機能がそこそこです。

しかし、複合機なのに6万円(599ドル)あまりと価格が安く
目標額を大きく上回る8000万円以上を集める人気プロジェクトとなっています。

3Dプリンター複合機は結構出てきていますが、5軸CNCや射出成形などとの組み合わせは資金調達に苦戦していました。

「FLUX」は、現実的な組み合わせで安価なところが人気の理由でしょうかね〜

FLUXとUP PLUS2とMakerbot DigitizerとLaser Cubeの比較表FLUXの造形サンプル

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ