HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > 2025年に3Dプリンター産業は、家電市場を上回る(マッキンゼーレポート)

2025年に3Dプリンター産業は、家電市場を上回る(マッキンゼーレポート)

マッキンゼーレポート 2025年

2025年に経済に大きな影響を与える技術は何か? マッキンゼーが発表したレポートによると、3Dプリンター関連市場の規模は最大60兆円だそうです。

世界の家電市場が出荷ベースで約55兆円(2011年:出典futuresource)なので、主要産業の数値を上回ってしまう分けです。 。。

しかし、3Dプリンターに関するこんなニュースを見ていると
夢物語ではないとも感じます♪

3Dプリンターで薬もプリントできる?!

3Dプリンターが赤ちゃんの命を救った

食べ物を作るフード3DプリンターをNASAが支援!

3Dプリンターで作れる義手が世界をライトに!  

 

さらに、3Dプリンターについてのコメントを見ると、2014年にレーザー焼結特許が切れることが取り上げられています。

これは、金属の粉をレーザーで積層するプリンターに使われている技術です。

現在の3Dプリンターブームが、2009年に熱溶解積層技術の特許が切れたことがキッカケだと考えると、金属を使った3Dプリンターでも低価格のものが出てきそうです。

そうすると、プラティックだけしか扱えない現状の3Dプリンターの限界を超えることができます〜

 

各技術分野の詳細は以下(出典はこちらへ

1位 モバイルインターネット 370兆円~1,080兆円

2位 頭脳労働のオートメーション化 520兆円~670兆円

3位 すべてのモノのインターネット化 270兆円~620兆円

4位 クラウド関連 170兆円~620兆円

5位 先進的ロボット 170兆円~450兆円

6位 車の自動運転 20兆円~190兆円

7位 次世代遺伝子テクノロジー 70兆円~160兆円

8位 エネルギー貯蔵 10兆円~60兆円

9位 3Dプリンター関連 20兆円~60兆円

10位 次世代素材 20兆円~50兆円

11位 次世代石油及びガス技術 10兆円~50兆円

12位 再生可能なエネルギー 20兆円~30兆円


 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス