HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > クリスアンダーソンのMakerBotが400億円で買収された!?

クリスアンダーソンのMakerBotが400億円で買収された!?

replicator2x

工業用3Dプリンターの大手Stratasysが、クリスアンダーソンが取締役を勤めることで知られる「MakerBot」を400億円(4億300万ドル)で買収しました。

 

「MakerBot」は、個人向けの3Dプリンターのリーダー企業として有名ですよね。

しかし、パイオニアとしての知名度はありますが、それほど特殊な技術をもっている企業でも無いと思うので、400億ドルの買収額は高い評価ですよね~

facebookが売上げゼロの会社instagramを1000億円(10億ドル)で買収したときにも驚きましたが、 「MakerBot」の何をそんなに評価したのか気になる所です。

 

さらに、金額的な面をみると、

「MakerBot」は創業からいままで、22000台の3Dプリンターを販売したそうですが、そのうち半分は去年9月に発売したReplicator 2です。

Replicator 2は販売価格が30万円ぐらいなので、そこから「MakerBot」の売上げを推測すると、30万円×11000=31億円 ぐらいが年間の売上げだと思います。

400億円という買収額は、売上げの10倍の評価額なのでけっこう高いですね~

ちなみに、「MakerBot」は買収後も組織の独立性は保たれるそうです。

つまり、大手メーカーが持っている特許や営業力「MakerBot」が使えるという意味なのかと思います。

現在、個人向け3Dプリンターがブームなのは2009年に熱溶解積層型プリンターの特許が切れたことが要因です。

この分野は特許が非常に重要なので、「MakerBot」のようなベンチャーと大手企業の合体は期待がもてますね~

 

ちなみに、Stratasys社の売上げは推定2億7700ドル(だいたい3000億円ぐらいかな)なので、企業体力からみてもかなり大きな買い物だと思います。

企業戦略的には、今後3Dプリンターは既存の高額業務用よりも、低価格市場が大きくなると予測されているので「Makerbot」を買収して時間を買ったということなのかも知れませんね。
日本企業だと、技術は自社でも持っているから社内でやりそうな事ですが、この辺はアメリカ企業らしい判断だと思います。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座