Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  IOT > 世界初!泳ぐワイヤレス水中ドローンが、2000万円を獲得!

世界初!泳ぐワイヤレス水中ドローンが、2000万円を獲得!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

キックスタータープロジェクトの「BIKI」は、ワイヤレス、自動バランス、障害回避、ベースへの復帰ができる世界で最初の水中ドローンです。

BIKI」は従来の水中ドーロンが、大型、有線、プロペラスクリューのため、かなりウルサイのに対して、手のひらサイズで魚のように静かに泳ぐことが可能です。

手軽に使えるので、釣りでの魚群探し、プール遊び、ダイビングの水中撮影など、色々なシチュエーションで使うことが可能となります。
水中のレジャーが変わりそうなマシンですね。

水中ドローン

プール遊びで使う

プール遊びで使う

釣りでの魚群探しで使う

釣りでの魚群探しで使う

釣りでの魚群探しで使う

釣りでの魚群探しで使う

ダイビングでの水中撮影

ダイビングでの水中撮影

 

「BIKI」は、Wifiとスマートフォンのアプリやコントローラーで操作&動画を見ることができます。

手の平に乗るぐらいコンパウトなサイズながら、90〜120分の連続動作、最大60メール潜行、時速1.8kmでの航行が可能です。

アプリから動画を見られる

アプリから動画を見られる

コントローラーやスマホのアプリで操作

コントローラーやスマホのアプリで操作

BIKIのスペック

「BIKI」一見おもちゃのような外観ながら、4Kカメラに対応し、防振プラットフォームの採用、150度広角レンズ、2×114ルーメンのライトと、水中ドーロンとして十分な性能を備えています。

水中ドーローンの常識を塗り替えるマシーンとして、キックスターターでも人気になっており
すでに2000万円以上の資金が集まっています。

価格は、日本への送料を含めて約600ドルです。

出典:BIKI: First Bionic Wireless Underwater Fish Drone

BIKIのスペック

BIKIのスペック

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。