HOME >>  3Dプリンター > キヤノンが3Dプリントセラミックの高精度化に成功

キヤノンが3Dプリントセラミックの高精度化に成功

セラミック3Dプリント

珍しく、日本企業から3Dプリンター系のニュースです。

キヤノンは、独自の3Dプリンター用セラミックス材料を用いて、複雑な形状のセラミックス部品を高精度する技術を開発したそうです。

樹脂や金属などの3Dプリンターはメジャーですが
セラミックをプリントする3Dプリンターはあまり見かけません。

皿やツボなど陶器を造形するプリンターは存在しましたが
焼き入れの過程で、サイズがかなり変わります。

しかし、工業用途のセラミックとなると、寸法制度が重要となります。

今回、キヤノンは、レーザーで焼結する3Dプリンターに適したアルミナ系セラミックス材料と部品作製技術を新たに開発しました。

キヤノンの新技術により、六角形の空孔をもつ直径約19mmのハニカム形状部品を作製した場合、焼成工程前後の外形寸法変化が0.8%未満の高精度な部品を作製することが出来るそうです。

さらに、一般に金型での成形や切削加工が難しい中空構造や多孔質構造など複雑な形状のセラミックス部品を、3Dプリンターで安定的に造形可能だそうです。

セラミック3Dプリント セラミック3Dプリント

セラミック素材は、絶縁性や耐食性に優れており
わかりやすい所だと、送電用のガイシなど色々な所で使われています。

キヤノンでは今回の技術を使い、産業機器向け部品の試作検討をスタート、実用化を目指して開発を進めていくそうです。

出典:キヤノンニュースリリース

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス