HOME >>  メーカーズニュース > 東大より世界最高レベルの脳のCGデータが無料公開を開始!

東大より世界最高レベルの脳のCGデータが無料公開を開始!

東京大学が、人間の頭部を精巧に再現した3DCGデータの無償提供を開始しました。

専用サイトとなる東京大学脳神経外科・頭部3DCGデータベースでは、公開データは1000以上のパーツに及びます。
公開されているデータとしては、世界最高レベルの精巧な頭部3DCGとなります。

データは会員登録すれば誰でもダウンロード可能で、STLやOBJで提供されるため、3Dプリントにも使用することが出来ます。

3DCGモデルは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の研究の一環として開発されたもので、バイオニックヒューマノイド(=ヒトや実験動物の代わりとなるセンサー付精巧人体の実体モデルのこと)の基礎設計図となっているものです。

人体の高精細な3DCG作成には、CG技術、医学的知識、そして開発コストの全てが高度に必要とされるため、その開発は困難だったとのこと。

3DCGは検体データを基礎とし、複数の教科書や医師の知見に基づき作成された健常成人(アジア人男性)の頭部解剖構造のポリゴンモデルです。

脳神経外科医3名と3DCGモデラー4名が開発に携わり、延べ開発時間1200時間以上をかけて作成されました。作成した3DCG1000パーツ以上に及び(2019111日時点)、今後も随時アップデートされる予定とのことです。

ちなみに、利用規約によると全ての3DCGパーツは無償で提供されますが、著作権は東京大学医学部附属病院脳神経外科が保有しています。

利用用途は、非商用で、かつ研究もしくは教育用途であれば自由に使用できるとのことです。

基本的には研究用と考えたほうが良さそうですね。

東京大学脳神経外科・頭部3DCGデータベース

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座