HOME >>  3Dプリンター > 日本初!スーパーエンプラ対応の水冷式3DプリンターAPOLLO(アポロ)

日本初!スーパーエンプラ対応の水冷式3DプリンターAPOLLO(アポロ)

アポロ3Dプリンター
3Dプリンター用に出力できる素材はかなり増えてきましたが、エンプラ(エンジニアリングプラスチック)を安定して出力することは業界的な課題と言われていました。

APPLE TREE株式会社からリリースされた「APPOLO(アポロ)」は、スーパーエンジニアリングプラスティック(スーパーエンプラ)対応の業務用3Dプリンターです。

ノズルの温度が最高450℃、庫内温度が最高120℃を維持することができるため、ABS、PC、ナイロン、PLAはもちろんPEEK、PPSU、ウルテムなどのエンジニアリングプラスチックを使用することが可能だそうです。

 

「APPOLO(アポロ)」は、最大造形サイズが310×310×480mmとかなり大きなものも出力できます。

ウルテムのように、航空部品でで使われている素材も出力できるので、モノづくりに大きなインパクトがありそうですね。

「APOLLO」は、今月末に東京ビッグサイトで開催するTCT 3Dプリンターショ―に出展決定だそうです。エンプラ 水冷式3Dプリンター

会期:2019年1月30日(水)〜52月1日(金)10時-17時
会場:東京ビッグサイト
出展社名:APPLE TREE株式会社(FLASHFORGE JAPAN)
小間番号:東6ホール 6J-10
APOLLO公式ホームページはこちらへ

エンプラ3Dプリント アポロ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座