HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】スカルプトで象さんジョーロを作る

【Fusion360】スカルプトで象さんジョーロを作る

Fusion360でキャラクターを作る!今回は象さんのジョーロを作る方法を紹介します。

機能として使うのは「スカルプト」です。その中でも、今回はブリッジを活用します。

「スカルプト」が上手く使えると、有機的なキャラクターが簡単に作れます!

 

象さんジョーロのベースをFusion360のスカルプトで作る

 

まずは、スカルプトの「直方体」で基本となる形を作ります。
しかし「直方体」のままでは、ポリゴンの数が少なくコントロールが難しいです。

そこで「エッジの挿入」で、ポリゴンの数を増やしていきます。

スカルプトでベースの形を作る

スカルプトでベースの形を作る

エッジの追加でポリゴンの数を増やす

エッジの追加でポリゴンの数を増やす

 

ポリゴンが増えた所で、次は象の足の元を作ります。
「フォームを編集+Altキー」で、面を差し込みながら足を作ります。

続いて、象の頭の部分を作りますが、この時にポイントになるのが
ポリゴンの選択の仕方です。

右から左に選択することで、含まれている面を一気に選択することが出来ます。

選択が出来たら、頭の形を作ります。
この時は「三次元拡大」の機能を使います。これで、象の形のベースが出来ました。

Alt+フォームを編集で足を4本生やす

Alt+フォームを編集で足を4本生やす

右から左に選択でまとめて面を選ぶ

右から左に選択でまとめて面を選ぶ

フォームを編集を選ぶ

フォームを編集を選ぶ

象のベースができる

象のベースができる

 

象の形を整える

象の形のベースが出来たので、少しづつ整えて象っぽくしていきます。

滑らかな形だと、形状がわかりづらいので「表示モード>ボックス」でポリゴンの元の形を表示ます。

このタイプの表示にすると、面の引っ張り合いがなくなるので、形の把握がしやすくなります。

足の形を少し整えたあとは、再び表示を「表示モード>スムーズ」に切り替えます。

表示をブロックにする

表示をブロックにする

足の形を整える

足の形を整える

表示をスムーズにする

表示をスムーズにする

 

今度は象の頭を作っていきます。
顔の面を「フォームを編集」で少し前に移動します。

耳の元を作るために「挿入点」でポリゴンの数を増やします。
続いて耳の部分の面を選んで、「フォームを編集+Altキー」で耳を引き出していきます。

象の顔の形を整える

象の顔の形を整える

側面に挿入点でエッジを足す

側面に挿入点でエッジを足す

側面を真横に引っ張る

側面を真横に引っ張る

耳の形を作る

耳の形を作る

 

ジョーロの取手とヘッドを作る

次はこのモデルのポイントでもある「ブリッジ」を使って、ジョーロの取手を作ります。

最初に、取手の根元を作るために、お尻の部分に2箇所穴を開けます。

そして、穴と穴を結ぶ円弧をスケッチで書きます。

あとは、「ブリッジ」を適用します。
「ブリッジ」はエッジ同士を補完する機能ですが、普通に結ぶとストレートになります。
そこで、円弧を使って「曲面に追従」を選ぶと、円弧にそった滑らかな取手が出来ます。

お尻の部分の面を削除する

お尻の部分の面を削除する

円弧で穴の間に線を描く

円弧で穴の間に線を描く

穴と穴を結ぶように線ができる

穴と穴を結ぶように線ができる

ブリッジを適用する

ブリッジを適用する

曲線に追従を選ぶ

曲線に追従を選ぶ

ジョーロの持ち手ができる

ジョーロの持ち手ができる

 

取手が出来たら、最後はヘッドの部分です。
「円柱」を作って、形状を象の頭の上に移動します。

顔に穴を開けて「ブリッジ」を適用します。

円弧を書いて、スムーズな形状にするのは
先ほどの持ち手と同じ手順です。

これで、象さんジョーロがほぼ完成です。
最後は、象さんの体にやヘッドに穴を開けるとそれっぽくなりますね。

シャワーヘッドの元で円柱を作る

シャワーヘッドの元で円柱を作る

シャワーヘッドの元を顔の上に移動する

シャワーヘッドの元を顔の上に移動する

象の口の部分にエッジを入れる

象の口の部分にエッジを入れる

上下の穴にブリッジを適用する

口の部分に穴を開ける

持ち手と同じく円弧を描く

持ち手と同じく円弧を描く

曲線に沿わせてブリッジを描く

曲線に沿わせてブリッジを描く

ジョーロの鼻の部分ができる

ジョーロの鼻の部分ができる

ジョーロとして仕上げをする

ジョーロとして仕上げをする

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。