HOME >>  メーカーズニュース > 【Fusion360・CAM】10万円ぐらいの低価格CNCで、アルミ合金を削ってみた

【Fusion360・CAM】10万円ぐらいの低価格CNCで、アルミ合金を削ってみた

低価格CNCでアルミを切削

低価格CNCでアルミ合金を切削

最近は、個人でも買える低価格の卓上CNCが登場しています。

CNCは、木材や金属などの材料を直接の削って3D加工ができるので
製品を製造することができます。

ただし、今までは切削用のデータを作るソフトの「CAM」が数百万円と高額で、なかなか手が出ませんでした。しかし、個人だと無料からつけるFusion360には、かなり高機能な「CAM」機能がついています。

そこで、今回は10万円程度で買える「Avalontech」が取り扱っている
低価格CNCを使って、アルミ合金を削って見ました。

AvalontechのCNCの詳細はこちらへ

※今回使用したのは「C-BeamMachineXLarge」です。アルミの加工自体は一番安価な機種でも可能です。

Fusion360のCAMでツールパスを作る

まず手順としては、Fusion360のCAM(製造モード)で、刃物の通り道となるツールパスデータを作ります。

ツールパスを作る時は、負荷制御などで大まかに削り、細かい部分は他の加工方法で仕上げます。また、素材や形状から最適なスピードや回転数を選ぶ必要があります。

 

切削用の3Dモデル

切削用の3Dモデル

Fusion360のCAMでツールパスを設定する

Fusion360のCAMでツールパスを設定する

 

ちなみに、Fusion360のCAMにはシミュレーション機能があるので
どんな風に削れるかがあらかじめ確認可能です。

Fusion360のCAMでシミュレーションを行う

Fusion360のCAMでシミュレーションを行う

Fusion360のCAMでシミュレーションを行う

Fusion360のCAMでシミュレーションを行う

 

低価格CNCでアルミ合金を削る

できたツールパスデータを使い、AvalontechのCNCに材料をセットして削って見ました。

アルミ合金がかなり滑らかに削れて、良い感じですね♪

 

低価格CNCでアルミ合金を切削

低価格CNCでアルミ合金を切削

低価格CNCでアルミを切削

低価格CNCでアルミ合金を切削

3Dプリンターは、積層が目立つのもあり

まだまだ試作の道具という感じですが、CNCは材料を綺麗に加工できるので

商品がそのまま製造できるのがポイントです。

ちなみに、メイカーズラブ では、最近Fusion360と低価格CNCをテーマにした

セミナーを初めています。

Fusion360 CNC入門講座

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座