HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】フォームを駆使してモコモコのコーラ瓶を作る

【Fusion360】フォームを駆使してモコモコのコーラ瓶を作る

Fusion360 レンダリングしたコーラ瓶

bin33 レンダリングしたコーラ瓶

 

今回はFusion360の「フォーム(スカルプト)機能」で、モコモコしたコーラの瓶を作る方法を紹介します。

一見難しいモデルに見えますが、「3次元拡大縮小」の機能を使えば簡単に作ることができます。

 

Fusion360 三次元拡大縮小

bin01 三次元拡大縮小

 

ちなみに、「3次元拡大縮小」について紹介します。「フォームを編集」の操作メニューでは、2つの拡大縮小機能があります。

矢印の内側にあるフレーム型:2次元拡大縮小

真ん中にある青い点:3次元拡大縮小

今回使うのは、立体的に拡大できる「3次元拡大縮小」です。この機能を使いこなすと、複雑な形もコントロールしやすくなります。

 

Fusion360でコーラの瓶を作る

まず、コーラ瓶のお手本となる画像を挿入します。そして、これをなぞる様にモデルを作っていきます。

今回使うFusion360の「フォーム機能」では、プリミティブ(原型)となる形を変形させていく方法をとります。

まずは、基本となる円柱を置きます。そして、円柱のエッジを上に持ち上げます。ただ、このままだと下絵の画像とはあいません。

そこで、使うのがフォームを編集の「3次元拡大縮小」です。操作メニューの真ん中にある青い点を掴んで内側に移動すると、下絵にフィットした形になります。

Fusion360 コーラの瓶を下絵に

bin02 コーラの瓶を下絵に

Fusion360 基本の円柱

bin03 基本の円柱

Fusion360 エッジを上に移動

bin04 エッジを上に移動

Fusion360 3次元の縮小

bin05 3次元の縮小

Fusion360 上に持ち上げる

bin06 上に持ち上げる

Fusion360 3次元拡大で広げる

bin07 3次元拡大で広げる

 

ただ、3次元拡大縮小だけだと、形を的確にコントロールできません。そこで重要なのが、面を差し込みながら行う操作です。

具体的には、「Altを押しながら3次元拡大縮小」する操作です。これが使えると、かなりモデル造形の自由度が上がります。

これまでの操作を繰り返し、瓶の形を作ります。最後に瓶の口を作ります。「3次元拡大縮小」と面の差し込みの練習になる形状です。

Fusion360 3次元縮小で内側に

bin08 3次元縮小しながら面を差し込み

Fusion360 エッジを上に移動

bin09 エッジを上に移動

Fusion360 外側に拡大

bin10 外側に拡大

Fusion360 内側に縮める

bin11 内側に縮める

Fusion360 瓶の口を整形

bin12 瓶の口を整形

 

Fusion360でコーラ瓶を調整する

コーラ瓶の原型ができたので、細かい部分を調整していきます。

まず、瓶の底が空いているので、「穴の塗りつぶし」で底を塞ぎます。さらに、リアルな形状にするため、瓶底の中点を掴んで上に持ち上げます。
また、この時に点が分離する場合は、穴の塗り潰しの時に「中心点を溶接」するようにしてください。

さらに、ラベルの近辺を調整します。ただ、エッジが足りないので「エッジを挿入」していきます。

エッジが増えると、形状の調整がしやすくなります。

大体形ができましたが、なだらかな形状だけだと再現できない箇所もあります。

そこで、「折り目」を使って、ラベルの上下に当たるエッジの強さを表現していきます。

Fusion360 底を埋める

bin13 底を埋める

Fusion360 穴の塗りつぶし

bin14 穴の塗りつぶし

Fusion360 中央の点を上に移動

bin15 中央の点を上に移動

Fusion360 エッジを挿入

bin16 エッジを挿入

Fusion360 外側に膨らませる

bin17 外側に膨らませる

Fusion360 エッジがなだらか

bin18 エッジがなだらか

Fusion360 折り目を入れる

bin19 折り目を入れる

Fusion360 上にも折り目

bin20 上にも折り目

 

Fusion360でコーラ瓶のモコモコを作る

コーラ瓶のモコモコ部分を作ります。ここでポイントになるのが、モデルを対称にすることです。

モコモコは全方位に入っている形状です。1面づつ加工するのに向いてません。

まずは、対称化する準備として、1列だけを選びます。続いて、フォームを編集の「選択フィルタ」で、選択範囲を反転させます。

そのまま面を削除すると、1列だけが残ります。最後に「円形複製」を適用すると、全体に緑色の線が入った対称化されたモデルが出来上がります。

 

Fusion360 一列だけ選択

bin21 一列だけ選択

Fusion360 選択範囲を反転

bin22 選択範囲を反転

Fusion360 1列だけ残す

bin23 1列だけ残す

Fusion360 円形複製

bin24 円形複製

Fusion360 全体に緑の線が入る

bin25 全体に緑の線が入る

 

これで、モコモコを作る準備ができました。上下の面を選んで、「Altを押しながら」外側に面を差し込んでいきます。

なんとなく出来た感じですが、少し不恰好です。そこで、表示モードを「ブロック表示」に切り替えて、形状を見やすくします。

この状態で微調整することで、リアルなコーラ瓶の完成です。フィニッシュとして、「デカール」でラベルを貼って、ガラス素材を適用。中に液体部分を作ると、かなり実物に近いコーラ瓶を作ることができました。

「レンダリング」してみると、かなりリアルに出来ているのが分かります。

Fusion360 外側に面を差し込む

bin26 外側に面を差し込む

Fusion360 全体が膨らむ

bin27 全体が膨らむ

Fusion360 瓶の基本形が完成

bin28 瓶の基本形が完成

Fusion360 ブロック表示にする

bin29  ブロック表示にする

Fusion360 形状を調整

bin30 形状を調整

Fusion360 瓶のモデルが完成

bin31 瓶のモデルが完成

Fusion360 素材とラベルを設定

bin32 素材とラベルを設定

bin34 コーラ瓶をレンダリング

bin34 コーラ瓶をレンダリング

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。