HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360 サーフェイス > 【Fusion360】本格サーフェイスのテクニックで八角形の指輪を作る

【Fusion360】本格サーフェイスのテクニックで八角形の指輪を作る


 

今回はFusion360のサーフェイス機能を使って、RPGに出てきそうな指輪を作る方法を紹介します。Fusion360のサーフェイス機能を駆使した、かなり応用範囲の広い作り方です。

これが作れるようになると、様々なジュエリーが作れると思います。

 

Fusion360のサーフェイス の元になるスケッチを描く

リング部分の2重円を描きます。そして、真ん中に基準線を描きます。
この基準線を元に、「パスに沿った平面」のより円を接する作業面を作ります。

この作業面に八角形を描くと、指輪の基本形になるスケッチができます。

ro02 リングのスケッチを描く

ro02 リングのスケッチを描く

ro03 パスに沿った作業面を作る

ro03 パスに沿った作業面を作る

ro04 作業面に六角形を描く

ro04 作業面に六角形を描く

ro05 作業面に8角形を描く

ro05 作業面に8角形を描く

 

Fusion360のサーフェイス で指輪の台座周りを作る

今回はサーフェイスを駆使し、面を使った指輪作りです。まず準備として、側面に円弧を描きます。さらに、二重のリングの下部に長方形を作ります。

これでスケッチの準備ができたので、サーフェイス の「ロフト」で面を作ります。

Fusion360で面を使ったモデリングはこれが基本です。続いてさらに難しい形を作って行きます。

ro06 リングの側面に曲線を描く

ro06 リングの側面に曲線を描く

ro07 スケッチが描かれた状態

ro07 スケッチが描かれた状態

ro08 リングの内と外に長方形を描く

ro08 リングの内と外に長方形を描く

ro09 ロフトで面を作る

ro09 ロフトで面を作る

続けて台座周りのスケッチを書いていきます。ここからは立体的にスケッチを描いていくのがポイントです。

まず、リングの中央に水平な長方形を描きます。そして、この長方形を足掛かりにして、八角形の頂点を「スプライン」で結びます。

同じようなスケッチは、「スプライン」以外でも描くことができます。
しかし、「スプライン」には、後から点を足すことが可能です。

この点を「移動コピー」で動かすことによって、3次元的なスケッチを作ることができます。

リングの中央に線を描く

ro10 リングの中央に線を描く

ro11 スプラインを描く

ro11 スプラインを描く

ro12 スプラインに点を追加する

ro12 スプラインに点を追加する

スプラインの点を動かす

ro13 スプラインの点を動かす

 

Fusion360で面を張りながら台座を作る

立体的なスケッチにサーフェイス の機能を使って、面を張っていきます。

まずは、8角形と長方形を囲うように「スプライン」を描きたします。そして、このスケッチに「パッチ」を適用します。これで、台座の側面を作ることができます。

これを繰り返して、基本となる指輪の形ができました。

ただ、全体が塞がっているので、ここから指を通す部分を切り取っていきます。
まず、リングの中央に円を描いて、押出しで円柱にします。

そして、円柱と指輪の交差する部分を、サーフェイス の「トリム」で削除すると
指の通る部分が出来上がります。

ro14 パッチで面を貼る

ro15 パッチで面を貼る

ro15 パッチで面を貼る

ro16 基本の面ができた

ro16 基本の面ができた

トリムで通しを作る

ro17 トリムで通しを作る

リングの基本形が完成

ro18 リングの基本形が完成

 

Fusion360のサーフェイス で指輪の装飾を作る

最後に指輪の装飾部分を作ります。
まず、台座の表面に八角形のスケッチを書き足していきます。

ここに「パッチ」を使って面を作っていきます。

 

台座のスケッチを描く

ro19 台座のスケッチを描く

パッチで面を貼る

ro20 パッチで面を貼る

 

続けて、指輪に装飾をつけていきます。装飾の元になるスケッチを描きます。

このスケッチを使って、「面を分割」を適用します。分割された面は「プレスプル」で押すことが可能です。

装飾の入れたい部分にスケッチを描いて、先の操作を繰り返すことで、色々な部分に装飾を入れることができました。

模様の元のスケッチを描く

ro21 模様の元のスケッチを描く

ro22 面を分割する

ro22 面を分割する

分割された面

ro23 分割された面

ro24 分割された面を押す

ro24 分割された面を押す

ro25 他の装飾を施す

ro25 他の装飾を施す

 

これで、面は全て完成ですが、3Dデータとしてはまだ完成はしていません。

サーフェイス でモデリングした3Dデータは、まだ厚さが無い状態です。
これを「ステッチ」で縫合すると、3Dプリントなどが出来る加工データになります。

縫合が完了したデータに、宝石のモデルを載せ「外観」で色をつけて完成です。

リングの完成

ro26 リングの完成

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。