HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > 何を削ろうかな?!大型CNCが6万5千円で事前予約開始

何を削ろうかな?!大型CNCが6万5千円で事前予約開始

デスクトップ型CNC

本格的な製品を作る事が出来る、大型のデスクトップCNCが649ドル(約6万5千円)で事前予約を開始しました。

Inventablesで発売が開始された、デスクトップ型CNCキット「shapeoko2」は、木や金属を削ることの出来るオープンソースの本格的なCNC。

最近は3Dプリンターが話題になりがちですが、木製素材の造形にはあまり向いていません。CNCは3Dプリンターとは逆に、素材を削っていく整形方法ですが木目などを活かす製品には向いています。

国内でもローランドが安価な機種を販売していますが、かなり小さなモノしか作れないのがネックでした。

roland iModela

Roland iModela 78,750円(XYZ動作ストローク:86×55×26mm)

 

しかし、「shapeoko2」は以下の動画のようにかなり大型です。

 

CNCを使えば、例えば木製PC周辺機器のメーカー「Hacoa」のようなカッコいい製品を作る事も出来ますね〜

CNCで作る木製iPhoneケース CNCで木を削って作る製品
製品写真はHacoa公式ページより(http://www.hacoa.com/)

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス