HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > バイクをまるごと3Dプリントした?!偉業レベルのアート

バイクをまるごと3Dプリントした?!偉業レベルのアート

 

HondaのCB500を3Dプリント

実物大のホンダCB500を、3Dプリンターで再現するという偉業が成し遂げられました。
実現したのは、ニューヨークで活動するアーティストのJonathan Brandさん。

2台の3Dプリンター(Ultimaker)で、半透明のPLAを使いプリント。
フィラメントの総重量は18キログラムだそうです。。。

使われた、3DプリンターのUltimakerはシングルヘッドで複雑な形をプリントするのには向いていません。

それに低価格の3Dプリンターは、1センチ1時間ぐらいプリントにかかるので、単純に時間もかかると思います。

Ultimakerでバイクを3Dプリント

HondaのCB500をバラバラに出力 HondaのCB500を3Dプリントしたものをアップ HondaのCB500を細かく分割してプリント

アップでみると、パーツがかなり細かく分離されているのがわかります。データの設計や、分割パーツの組み合わせは大変そう。。。
バイクのシリンダーやスポークなど、サポート材が沢山つきそうな部分のプリントはどうしたんでしょうね。

自分でも3Dプリントしていると思い浮かぶ、様々な問題をどうクリアしたのか??
驚くべき根気が必要そうです、そういう点を考慮しても偉業と言えますね〜

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス