HOME >>  メーカーズニュース > 縄文の女神を3Dプリンターで複製イベント!遺物と3Dの良い組合せ

縄文の女神を3Dプリンターで複製イベント!遺物と3Dの良い組合せ

3Dプリンターで再現された縄文の女神

海外では、スミソニアンや大英博物館が所蔵品の3Dデータを公開しています。
文化財は高価で壊れやすいので、3Dデータを公開して3Dプリントするのは現実的な解決策ですよね。

日本でも、そんな流れがはじまっているようです。

昨年2014年。山形市霞城町の県立博物館で、縄文時代の土偶「縄文の女神」の3Dプリントが話題になりました。
国宝である「縄文の女神」が精巧に再現され、ハイエンドの3Dプリンターで出力されたものです。

縄文の女神を3Dプリント中

縄文の女神を3Dプリント中
出典:山形県県立博物館HPより

縄文の女神を3Dプリント中

縄文の女神を3Dプリントを見学
出典:山形県県立博物館HPより

今年は、2月15日に地元の団体が制作した3Dプリンターで、「縄文の女神」のミニチュアの制作見学会が開かれました。

プリンターを制作した「やまがたメイカーズネットワーク(YMN)」と、山形県立博物館のコラボレーションで実現したイベントです。

会場では、実際は45センチの「縄文の女神」を9センチに縮めたミニチュア版が3Dプリント。
実際に遺物をプリントしていく様子を多くの人が興味深く見つめていたそうです。

山形県立博物館の紹介ページはこちらへ

日本の遺跡や遺物は、特に壊れやすいモノが多いので
博物館や美術館でも利用が広がっていくのではないかと思います。

3Dスキャンして作ったデータがあれば、遠隔地の学校などでも
文化財のレプリカを気軽に体験できるようになりますよね。

3Dプリンターや3Dスキャナーもローエンドはかなり安くなってきたので、
キュレーターが3Dツールを使いこなす日が来るかもしれませんね♪

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス