HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > クマ型ルービックキューブが、3Dプリントを原型に少量量産を実現。

クマ型ルービックキューブが、3Dプリントを原型に少量量産を実現。

 

3Dプリンターは試作品を作るには便利ですが、プリントに時間がかかり量産には向いていないという問題があります。

去年あるプロジェクトで100個のケースをプリントしたときは1ヶ月ほどかかりました。。。

しかし、3Dプリントしたものを原型に簡易金型で量産することもできます。
今日はそんな分かりやすい事例があったのでご紹介。

クマ型のパズル「Ozo Bear」は、デザイナーのEmmanuel Carrilloさんがシンシナティー大学在学中にデザインしたものです。

発想のきっかけは、昔ながらのルービックキューブを子供に親しみやすいものに変えたいというコトだったみたいですね。

Ozo Bear

クマ型ルービックキューブ

3Dプリントを原型した少量量産

さらに面白いなと思ったのは、3Dプリンターを使って量産に挑戦している部分です。

3Dプリンター自体で量産するのは無理があるので、シリコンを使います。

金属の金型ではなく、シリコンの簡易型を作り、そこにレジンを注ぎます。
レジンは数分で硬化するので、個人でも手軽にできる方法です。

シリコン型を使った量産プロセスを紹介するとこんな感じです。

3DCADと、3Dプリンターで原型となるクマをプリント

3DCADと、3Dプリンターで原型となるクマをプリント

原型にシリコンを注ぎます

原型にシリコンを注ぎます

シリコンの型を使って樹脂を量産していきます

シリコンの型を使って樹脂を量産していきます

出典:emmanuelcarrillo.com

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス