HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【プリント・後加工編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

【プリント・後加工編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

ドアとドアノブもモデリング

前回、無料3DCADのFusion360で3Dデータを作った「猫パンチガード」。

【モデリング編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

今回は、そのCADデータを使って、3Dプリントと後加工に挑戦してみます!
3Dプリンターは、3Dデータがわりと薄いモデルなので、外気を密閉出来る「UP BOX」を使います。

さらに、多くの低価格3DプリンターはPLA専用機です。
※ABS対応タイプでも、実際はプリントが反って使えない場合が多いです。

「UPシリーズ」はABSを剃らないで印刷できるという特徴もあります。
そして、ABSだとヤスリがけなどの後加工が可能になります!

さらに、今回は3Dプリンターの「UP Plus2(アッププラス2)」で使える、ゴムフィラメントも使ってみます。

ABSで作ったボディにゴムの部品をはめて、「猫パンチガード」をドアノブに固定する想定です。

ドアノブにゴム枠をはめて固定する

ドアノブにゴム枠をはめて固定する

 

まず、UPBOXで本体を3Dプリントします。
サポート材がつきますが、手で簡単に剥がれるのが「UP BOX(アップボックス)」の楽な部分です。

UPBOXでプリント

UPBOXでプリント

ABSを歪みなくプリント出来ました

ABSを歪みなくプリント出来ました

サポート材を、手でポロポロ剥がします

サポート材を、手でポロポロ剥がします

次に、ゴムフィラメントで台座の部分を作ります。

台座は「猫パンチガード」をドアノブにはめる部分なので
摩擦がかかっても壊れないゴムを使います。

UP Plus2(アッププラス2)」で、ゴムフィラメントをプリントします。
ゴムにもサポート材がつきますが、まあまあ剥がすことが出来ます。

ボディにゴムをつけると予想どおりガッチリハマりました。
UP Plus2(アッププラス2)」のゴム素材なかなかいい感じです!

UP Plus2でゴムフィラメントをプリント

UP Plus2でゴムフィラメントをプリント

ゴムがプリント出来ました

ゴムがプリント出来ました

かなり柔軟性のあるゴムです

かなり柔軟性のあるゴムです

台座にガッチリハマりました

台座にガッチリハマりました

次に後加工に入ります。

UP BOX(アップボックス)」でプリントすると、けっこうキレイに仕上がりますが
3Dプリンターならではの積層跡はやはり残ります。

そこで、ABSでプリント出来る利点を活かして
まず、ヤスリがけをします。

 

バリや凹凸がある部分をヤスリがけ

バリや凹凸がある部分をヤスリがけ

 

ヤスリがけした時点で、かなりツルツルになりますが。
今回はさらに、コーティング材も使います。

 

3Dプリンター用のコーティング材

3Dプリンター用のコーティング材

コーティング材を塗ったあとに、すごく細かいヤスリで研磨していきます。

そうすると、ガラス並にピカピに!
3Dプリントしたモノとは思えない仕上がりになりました!

まず、画像で比較してみてください。画像だけだと分かりづらいので、映像も載せてみます。

プリントしたままの状態

プリントしたままの状態

ヤスリがけとコーティング材を併用

ヤスリがけとコーティング材を併用

最後に、実際に「猫パンチガード」を設置してみました。

ドアノブにもガッチリハマって、いい感じです。

うちの猫たちも恨めしそうにしています♪

IMG_5082

IMG_5078

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス