Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > 【その4】話題の9万円レーザーカッター。実物をMaker Faire Tokyoで見た!

【その4】話題の9万円レーザーカッター。実物をMaker Faire Tokyoで見た!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

低価格レーザーカッターPodeaでのコルク加工

メイカーフェア東京2014のレポート第4回目です。

過去のレポート
【その1】Maker Faire Tokyoで出会ったハードウェアベンチャーの玉子
【その2】Maker Faire Tokyoで出会ったハードウェアベンチャーの玉子
【その3】Maker Faire Tokyoで目撃、あの超巨大3Dプリンターが発売!

レーザーカッターは、メイカーズの注目が高い機材ですよね。しかし、ユニバーサルの製品を筆頭に高額なのがネックとなっています。

そんな中、Maker Faire Tokyo2014で、話題の低価格レーザーカッター「Podea」の実物を見てきました。

▼「Podea」は、以前メイカーズラブの記事でご紹介したことがありますね。
日本発!8万円台の低価格レーザーカッター「Podea-01」

▼Podeaの公式サイト
http://www.podea.net/

ネットでの資金調達に成功した点や、個人が手がけているプロジェクトとして話題になりました。
しかし反面、初期に発表されたむき出しの筐体をみて、安全性を問題視する人たちもいました。

この問題については、「Podea」開発者の方のTwitterやプロジェクトサイトで
誤解であることが判明していますが
クラウドファンディングでの注意点を感じる展開でもありましたね。

▼安全性についてプロジェクトの発表
http://camp-fire.jp/updates/view/7275

実物の「Podea」を、メーカーフェアで見た感じだと
発表通り箱型の筐体に収まっており、安全面も問題なさそうです。

Podeaの金属筐体

Podeaが稼働する様子

低価格レーザーカッターPodeaでの加工例 低価格レーザーカッターPodeaでのコルク加工

さらに、価格の安いレーザーカッターではネックになりやすいソフトゥエアも
illustoratorのデータが取り込みやすくなかなか良さそうでした。
(ソフトはWin用のみで、Macではwinエミュレーターが必要)

 

Podeaの加工力は、最初の構想よりも凄そう!

ちなみに、公式サイトを見てみると
模型の軽量木材(バルサ素材)やグレー色プラ版も加工できるそうです。

いまは、ユーザーの希望に答えて、いろいろな加工に挑んでいるそうです。

開発者の方いわく、
よりパワーのある後継機も検討しているとのこと。
日本のレーザー加工機も先々が楽しみですね♪

Podeaでプラ版を切断Podeaで木材を切断

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

 
詳細はこちらへ