HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > 【その3】Maker Faire Tokyoで目撃、あの超巨大3Dプリンターが発売!

【その3】Maker Faire Tokyoで目撃、あの超巨大3Dプリンターが発売!

Genkeiの巨大3Dプリンター

メイカーフェア東京2014のレポート第3回目です。

過去のレポート
【その1】Maker Faire Tokyoで出会ったハードウェアベンチャーの玉子
【その2】Maker Faire Tokyoで出会ったハードウェアベンチャーの玉子

今回は、3Dプリンターがテーマ。
国産3DプリンターのGenkeiさんが「超巨大3Dプリンター」と「超小型3Dプリンター」の2つを出品していました。

巨大3Dプリンターといえば、以前Genkeiの加藤大直さんが製作し、東京芸大美術館に出展されたものが記憶に新しいですが。

【8/8まで】実物は凄い!世界一の巨大3Dプリンターを体感できるイベント

東京芸大に展示された巨大3Dプリンター

 

↑これは、さすがに大きすぎて置き場所に困りそう。
さらにプリントスピードも遅く、実用性は???な感じでした。

 

巨大3Dプリンターでのプリント風景

巨大3Dプリンターで出力したネコの足

 

今回の製品は900mm四方のプリントエリアを持ちながら、外寸は1300mmと室内に置くことが可能になっています。(販売時は、プリントエリアが1000mm四方になるそうです。)

さらに、プリント精度とスピードも大幅にアップ。
0.05mm程度の精度が出せるのと、椅子ぐらいの物であれば1日で出力可能だそうです。

スピードアップのためにマテリアルの供給を、フィラメントではなくペレットを使う方式にしたとのこと。

これだと早さに加えて、プリント時のトラブルも減りそうですね。

樹脂ペレットを供給してプリント

家具メーカーや建築系などで、大型の3Dプリンターは使えるのでこれは面白そうです。

そして、今回は一般への販売も行うそうです!

販売されている低価格3Dプリンターとしては、世界最大級だと思います。
(高額3Dプリンターでは、同等のモノがあります。)

加えて、もう一つ展示されていたのが、世界最小級の3Dプリンター。3Dプリンターもここまで小さくなると、持ち運びとかには便利そうですね〜

たまにセミナーに3Dプリンターを持ってきてほしいと言われ
運搬に困ることがありますが、これなら楽そうですね♪

Genkeiの小型3Dプリンター

Genkeiの小型3Dプリンターの大きさ

atomと大きさを比較

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス