HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 東大と京大が、3Dプリンターで耳を再生する研究を開始

東大と京大が、3Dプリンターで耳を再生する研究を開始

京都大学のiPS細胞研究所と東京大学が共同で、iPS細胞と3Dプリンターを使って耳を再生するプロジェクトをこの秋にも開始するそうです。

方法は、耳の軟骨の型を3Dプリンターで作成し、そこにiPS細胞を注入して耳を再生します。

先天性の疾患で耳の発育が不全な患者への移植のため、10年後の実用化を目指して研究が開始されます。

3Dプリンターで耳を再生

研究は科学技術振興機構の助成を受け、京大iPS細胞研究所の妻木範行教授(骨・軟骨代謝学)と東大の高戸毅教授(外科学)らが担当。

いままでの治療では、患者の肋骨の軟骨を取り出し、移植用の骨を作成していました。しかし、耳の軟骨は複雑で再現するのが難しく、コストも高額でした。

そこで、今回の研究では3Dプリンターと、今月19日に臨床研究が承認されたばかりのiPS細胞により、新しい再生医療を目指すそうです。

3Dプリンターの医療活用は海外の報道ではよく聴きますが、日本でもスタートしてきましたね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス