HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360無料セミナー > 第1回:Fusion360スケッチの6つのポイント

第1回:Fusion360スケッチの6つのポイント

Fusion360スケッチの6つのポイント

Fusion360メールセミナーの第一回のテーマはスケッチです。

Fusion360に限らず、3DCADでのモデリングは
「スケッチを描く」→「3D形状にする」→「変形させる」
と言うのが基本です。

つまり、「スケッチ」をきっちり理解することが
モデリング上達の近道となります。

しかし、何となく使っていると、色々抜けてしまうポイントがあります。
そこで、「スケッチ」のポイントを理解しながら
描けるワークを作ってみました。

▼スケッチの練習ワーク
https://makerslove.com/19938.html

ネズミ型のペンダントを作りながら、
スケッチで躓きやすい点を押さえる事ができます。
紹介するポイントは以下の6つです。

1.スケッチモードの切り替えを理解
2.ガイドとなる基準線を活用する
3.スケッチ同士は「接する」ように描く
4.ミラーリングで効率的に描く
5.余計な線をトリムで削除する
6.ブラウザを使って、スケッチを効率的に使おう

以上のポイントは、Fusion360入門者が苦手としている項目です。
ワークでは、実際にモデリングをしながらスケッチを
理解できるようになっています。

▼スケッチの練習ワーク
https://makerslove.com/19938.html

次回は立方体を使って、ブーリアン演算の
練習をしたいと思います。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。