HOME >>  IOT > 3Dプリントで作る、1500万円のIOT自転車が販売

3Dプリントで作る、1500万円のIOT自転車が販売

IOTベンチャーのCerevoは、金属3Dプリンターで生産する、センサー内蔵の高級IoTロードバイク「 ORBITREC(オービトレック)」を、世界10台限定で販売すると発表しました。

価格は、1,500万円(14万USドル)だそうです。。

また、CES 2019のCerevoブースにてORBITRECのタッチアンドトライゾーンを設置、来場者は実機での乗車体験とセンシングされたサイクリングデータを体験できるそうです。

ORBITRECの詳細はこちらへ

ORBITREC

「 ORBITREC(オービトレック)」は、全身をくまなく採寸するためにオーナーを日本に招待し、採寸した数値をもとにフレームを設計します。

さらに、製造は金属3Dプリンターで行われます。また、「ORBITREC」の製造完了に合わせてオーナーを再度日本に招待し、改めて納車を行うそうです。

「ORBITREC」は、チタン焼結型3Dプリント技術とカーボンファイバーチューブを組み合わせた構造を使用。本格的なレースで使えるフレーム構造を持っているそうです。

歪みが発生しやすい金属3Dプリントで量産に堪えうる品質かつ強度を獲得するために、人間の骨の内部構造を真似た「ラティス」と呼ばれる特殊構造が造形部内部に多数配置されています。

「ORBITREC」は、9軸センサー(加速度・角速度・地磁気)、温度、気圧、照度、GPSを搭載。

走行中の場所や速度といった基本的な情報に加え、傾きや衝撃などフレームの状態も取得。GPSによる走行ログと組み合わせることで、過去の走行履歴を車体のさまざまな情報とともに振り返り、分析することができます。

BluetoothとANT+を搭載しており、既存のANT+対応センサーのデータを記録しながら、スマートフォンと連携することができます。

 

正式な受注開始は、2019年内を予定しているそうです。

「ORBITREC」に採用されているラティス構造は、強度を損なわずに軽量化がはかれるので、金属造形物では有効な構造設計方法ですね。

実際、金属プリンターは造形中に歪みやすいので、自転車のような曲線をシームレスにつなぐタイプの製品が、量産できる技術が確率しているのは凄いことだと思います。

先日発表されていた以下の市場調査にも出てきましたが、日本は3Dプリンターの利用技術に課題があります。

3Dプリンタ世界市場は2021年には48万台に! 金属3Dプリンタ-が大きく成長

1500万円という価格は流石に高いと思いますが、3Dスキャンやラティス構造での金属プリントなど新しいものづくりが感じられるチャンレンジだと思います。

ORBITRECのアプリ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス