HOME >>  3Dプリンター > Formシリーズの新機種!Form3とForm3 Lが発表!

Formシリーズの新機種!Form3とForm3 Lが発表!

光造形プリンターのForm2で知られるFormlabsから、新しい3Dプリンター「Form 3」と「Form3 L」の販売が開始されました。

「Form 3」は単に後継機種というだけでなく、Formlabsが開発した新技術「Low Force Stereolithography(LFS)プロセス」が採用されています。

「LFS」は、レーザーとミラーを組み合わせてることで、パーツの形状に合わせて、レーザーをピンポイントで照射することが可能となった、従来の光造形プリンターが進化したバージョンだそうです。

「LFS方式」のピンポイントレーザーにより、大きな造形物の印刷、より軽いサポート、そしてより高品質の表面仕上げが可能となります。

Low Force Stereolithography(LFS)プロセス

Low Force Stereolithography(LFS)プロセス

 

FormlabsのCEO兼共同創設者であるMax Lobovsky氏曰く、

「私たちは7年前に最初のデスクトップSLA 3Dプリンタで業界に参入しました。それ以来、5万台以上のプリンタを出荷し、そしてユーザーは4,000万以上の部品をプリントしました。」

「現在、ユーザーはプロトタイプ作成ツールからゲームチェンジャーまで、1台のプリンターだけでなく、多数のプリンターを使用してます。

LFS 3Dプリントにより飛躍的な進歩を遂げた新しいシリーズは、市場で最もパワフルで手頃な価格の3Dプリンタです。これにより、人々が期待できるプリント品質と信頼性を飛躍的に向上させることを楽しみにしています。」

 

 

Form3シリーズのポイント

フレキシブルタンクに加えて、LFSプロセスは、繰り返し精度のための高密度で正確なレーザースポットを保証する高度なライトプロセスユニット(LPU)も備えています。

簡単に取り外し可能な、軽いタッチのサポート材。20以上の内蔵センサーによる監視で、印刷条件が維持されます。

「Form 3」の造形面積は145×145×185mmです。対して「Form 3L」は、335×200×300mmと5倍以上の造形面積と2つのLPUを備えています。

さらに、Formlabsは新しい素材「Draft Resin」も発表しました。この新しい樹脂は0.3mmのピッチですが、他の樹脂よりも3〜4倍速くプリントことが可能だそうです。

新しい方式の3Dプリンターと高速樹脂の登場が加わった、Form3リーズはかなり強力なプリンターですね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座