HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > ビックカメラでCESで高評価の3Dプリンターが69,800円で販売開始

ビックカメラでCESで高評価の3Dプリンターが69,800円で販売開始

ビックカメラが3Dプリンター「ダヴィンチ」を販売

ビックカメラが3月18日から、台湾メーカーXYZプリンティングの3Dプリンター「ダヴィンチ1.0」を販売するそうです。「ダヴィンチ1.0」は、CES 2014でエディターズチョイスアワードを受賞したデスクトップ3Dプリンタ。価格は69,800円と、RepRap系のプリンターとしてもかなり安い部類に属します。

性能的には積層ピッチが0.1mm、プリント面積は20cm四方と大きめ、素材はABSです。

他に「ダヴィンチ1.0」特徴としてはプリンターヘッドの自動キャリブレーションや自動クリーニング機能なども備えてるところですね。
(Z軸の調整にえらく時間がかったり、ここはプリントしていると苦戦する部分です。)


ダヴィンチの専用カートリッジ

フィラメントは専用カートリッジ型ですが、600gで3280円と専用型としてはさほど高くありません。

日本語対応した専用ソフトで、設定もかなり簡単に出来そうです。 ただ、積層ピッチなんかの性能は実際プリントしてみないとハッキリわかりません。

面積も実際に大きめにプリントするとゆがみが大きくなる機種もあるので、試してみたいところですね〜

 

ところで、米国では3万円台のプリンターも販売されていたり、RepRapのプリンターはどんどん安くなりますよね。 ただ、プリンターはデータが無ければただの箱。

早く3Dデータのクリエイターを増やすことが急がれます。

そういえば、メイカーズラブでは初心者向けの3DCAD講座を開催することになりました。 3DCADを使ったことが無いメイカーズ入門者向けに、製品設計やフリーCADの使い方がマスターできるプログラムです!

【3/22】3DCADで出来る!はじめての製品づくり。
プロ用フリーCAD「Design Spark」をマスターしよう

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス