HOME >>  3Dプリンター > XYZプリンティング > お菓子も3D時代?!本格フードプリンターが発表!

お菓子も3D時代?!本格フードプリンターが発表!

台湾メーカーのフードプリンター

出典:www.fabbaloo.com

 

ダヴィンチ3Dプリンターで知られる、台湾のXYZプリンティング。
同社がCES2015で公表していたフード3Dプリンターをご紹介します。

一見、通常の3Dプリンターに似ていますがフードペーストを押し出て、3Dモデルを作ります。

生地ペーストを押し出して、クッキーやピザの生地を積層することが可能です。

3D生地を作って、オーブンで焼けばオリジナルのお菓子が作れますね♪
さらに、チョコレートペーストを使えば、文字を書くこともできちゃいます。

利用可能な食材は、小麦粉ベース(クッキー生地など)、ジェル状(ジャム)、チョコレートだそうです。

XYZフードプリンター

出典:www.fabbaloo.com

 

マシンスペック的には、
積層面積が200×150×150mmなので、やや小さめのピザがつくれますね。
ノズルのサイズは、4サイズ(1、2、4、8mm)です。これを使って、0.8〜6.4mmの精度でプリントが出来るようです。
1mm以下のプリントが可能なので、ペットそっくりのクッキーなんかもできそうですね。

プリンターには3つの注入口があり、そこに100ccぐらいのフードペーストをセットできます。
3タイプのマテリアルが同時に使えるそうです。

このあたりの詳細は、ソフトウェアの内容が公開されると分かってきそうですね。

しかし、3Dデータの確保などを考えてもフードプリンターは、まだまだ実験レベルの商品ですよね。
XYZのフードプリンターは2000ドル以下の価格を目指しているそうですが、
果たしてどんな人たちがユーザーになるのでしょうか??

 

参考
http://www.fabbaloo.com/blog/2015/1/22/xyz-printings-new-machine-belongs-in-your-kitchen
http://www.cnet.com/products/xyzprinting-food-printer/

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス