HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > スイープの使い方(スカルプト):Fusion360

スイープの使い方(スカルプト):Fusion360

「スイープ」は、CADの代表的な形状作成方法です。Fusion360でも色々なモードで使うことができます。

スカルプトモードの「スイープ」も、基本的にはモデルモードの「スイープ」と同じです。

モデルモードの「スイープ」へ

基本となる形状をスケッチで作成し
スイープさせるパスもスケッチで書きます。

モデルモードとの違いは、中身が詰まっていないことですかね。

スイープさせるためのスケッチを書く

スイープさせるためのスケッチを書く

 

Fusion360のスカルプトのスイープ

Fusion360のスカルプトのスイープを適用

 

<Fusion360・スイープの入力項目(スカルプト)>

・プロファイル:形状のもとになるスケッチ選ぶ
・間隔:曲率か均一かを選ぶ
・面:プロファイル側の面の数を指定する
・パス:スイープさせるレールとしてパスを選ぶ
・間隔:曲率か均一かを選ぶ
・面:プロファイル側の面の数を指定する
・チェーン選択:連結したパスを一体で選択する
・方向:
・直行:パスに沿う
・平行:パスに平行になる
・距離:スイープさせる距離を指定する
・操作:ブーリアン演算を指定する

 

Fusion360・スカルプトのスイープでチュロスを作ってみる

単にスイープさせるだけだとつまらないので、
みんなが大好きなお菓子「チュロス」を作ってみようと思います。

モデリングのポイントは、スイープさせた後に、チュロス的な歪みとクロスをつけることです。

 

Fusion360の外観で素材を適用

歪みと立体的なクロス形状

 

立体的な交差を作るための
3Dスケッチを描く

チュロスは、端と端をクロスさせるような形が特徴的です。
それを再現するために、3Dスケッチを使います。

まず、もとの形になる星を、スケッチの内接ポリゴンで書きます。

内接ポリゴンで交差する三角形を描き星型にする

内接ポリゴンで交差する三角形を描き星型にする

 

そして、ちょっと離れた場所に作業面を作り、円を書きます。

この円が3Dスケッチを書くときのキーとなります。

 

少し離れた場所に作業面を作る

少し離れた場所に作業面を作る

空間に円のスケッチを描く

空間に円のスケッチを描く

 

最後に、スプラインでガイドラインになるパスを書いていきます。
まずは、普通に書きますが、クロスする部分は、先に書いた円をポイントに立体的なスケッチを書きます。
これで、チュロスを作るためのスケッチが完成しました。

円をポイントにして、3Dスケッチを描く

円をポイントにして、3Dスケッチを描く

 

スカルプモードで、ひねりの効いたチュロスを作る

それでは、「スカルプトモード」に切り替えます。

星型のプロファイルと、3Dスケッチをパスにして「スイープ」を適用します。

スカルプトのスイープを選ぶ

スカルプトのスイープを選ぶ

スカルプトモードのスイープを適用する

スカルプトモードのスイープを適用する

 

スカプルプトモードの「スイープ」は、中身が詰まっていません。
なので、エッジを選択して「フォームを編集」で変形させます。

このときにポイントになるのが「ソフト修正」です。
これで、変形が一部だけでなく全体にスムーズに適用されるようになります。

フォームを編集のソフト修正を適用する

フォームを編集のソフト修正を適用する

穴の塗りつぶしで端を塞ぐ

穴の塗りつぶしで端を塞ぐ

 

最後に、修正の「穴の塗りつぶし」を適用してチュロスを完成させます。

あとはFusion360のレンダリングで、素材を適用してみました。

なかなか、美味しそうなチュロスができました♪

レンダリングすると美味しそうなチュロスができた

レンダリングすると美味しそうなチュロスができた

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ