HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > 3Dプリンターでのコスプレはここまでスゴイ!!

3Dプリンターでのコスプレはここまでスゴイ!!

3Dプリンターでメトロイドの主人公サムス・アランのコスチュームを出力

出典:http://talaaya.wordpress.com/

 

コスプレというと日本が盛んですが、最近は海外でも一般的になってきています。
そんな中、超弩級のコスプレを3Dプリンターで実現した人が登場しました!!

コスプレイヤーのチェルシーさんが作ったのは、メトロイドの女性主人公サムス・アランのコースチューム。

彼女はこのコスプレ衣装を作るのに、2年間の歳月と4000ドルの費用をかけたそうです。
作成にあたっては3Dプリンターと伝統的なカスタムメイドの方法が組合わさっています。

平面的な部分は、サーモプラスティック素材のWorblaが使われているようです。
しかし、主要な部分は3Dプリンターで作られています。

まず、MaxとZbrushを使って3DCGデータを作成。

それを、ハイエンド3DプリンターのZprinterで出力後に、塗装加工するプロセスです。

 

3Dプリントされたコプスレ衣装のヘルメット脱いだ

出典:http://talaaya.wordpress.com/

コスチュームにはLED照明も設置されている

出典:http://talaaya.wordpress.com/

 

ヘルメットやショルダーパーツ、胸あてや篭手、巨大なアーム砲は3Dプリンターで作られているそうです。動画をみると分かりますが、スーツの中にはLEDライトも仕込まれていて、こだわりは徹底しています。

 

 

3Dデータとプリンターを使った製作風景

たまたま、彼女の友人がZprinterを購入していたという幸運もあったようですが、それにしても凄まじい手間のかけよう。

コスプレにかける執念を感じますね。。。

チェルシーさんの製作風景は、彼女のブログで見る事が出来ます。

公式ブログ
http://talaaya.wordpress.com/

最初にテスト的な3DCGのデータを作り、大まかなカタチをプリントして詳細にしていったようです。3Dプリントもそれなりに時間がかかるので、現実的な方法だと思います。

MAXとZbrushを使いデータを作成

MAXとZbrushを使いデータを作成

Zプリンターでプリント

Zプリンターでプリント

 

ヘルメットの大まかなカタチを3Dプリント

ヘルメットの大まかなカタチを3Dプリント

コスプレ衣装の大まかなカタチを3Dプリント

分割出力したヘルメットを接着する

 

3Dプリントされたメトロイドの主人公サムス・アランのヘルメットをかぶる

3Dプリントされたメトロイドの主人公サムス・アランのヘルメットをかぶる

コスプレ用のヘルメットをZprinterで出力

完成するとこんな感じです

塗装をしてメトロイドのヘルメット完成

塗装をしてメトロイドのヘルメット完成

 

コスプレは日本が本家だと思っていましたが、向こうの人の持つ技術が加わると
そのうち海外が本場になるかもしれないですね〜

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:7月15(土)&16日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ