HOME >>  3Dプリンター > スミソニアンのデータを早速プリント(カニですが)

スミソニアンのデータを早速プリント(カニですが)

スミソニアン博物館の3Dデータ blue crab

昨日、スミソニアン博物館が所蔵品を3Dデータ化しているニュースを取り上げましたが、早速プリントに挑戦してみました。(写真は後ろ向き)

ただし、記事で取り上げたマンモスはかなり難しそうなので「BlueCrab」をプリントしてみました。

プリント前にプリンターの調整を行います。
第一層の押しつけが弱いせいか、プリント中にはがれるコトがよくあるんですよね。

3Dプリンター 第一層が剥がれる

スライサーにかけるとかなり時間がかかるので、すごく細かいデータであることがわかりますね。
今回はお試しなので、積層ピッチは300ミクロン、高さ22mmに設定しました。

それでも、このサポート材の量。プリントしたあと剥がすのが大変そう。。。

blue crabの3Dデータをプリント

プリント自体はだいたい3時間ぐらいでしたが、見た感じプリント出来ています。

 

IMG_1515

サポート材を剥がしてみると、やっぱり300ミクロンだと細かい部分はちゃんと出てないですね。あとは、平面にプリントするとサポート材がはがれづらく足が取れてしまいました。

平らなものは、このへんが結構難しいなと思います。

次は、もう少し解像度を上げて、傾けてプリントしてみようと思います。

スミソニアンのデータでは、そのうちリンカーンのマスクにも挑戦してみたいですねw

IMG_1522

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス