illustrator_02

イラレとFusion360で3Dロゴを作ろう

2Dのデザインで使うイラストレーターと、無料でも使える3DCADのFusion360を組み合わせて 3Dロゴを作ってみました。 まず、イラストレーターで元になるロゴを作ります。 このままでも良いですが、もう少し変化が欲し …

スプーン

平面の使い方(スカルプト):Fusion360

「平面」は「スカルプトモード」のコマンドです。 色々な形状を作るスタートになるので、よく使います。 まず、メニューをスカルプトモードに切り替えます。 そして、作成の「平面」を選択します。 入力パネルで「平面」の大きさや数 …

Fusion360のロフト

ロフトの使い方の応用:Fusion360

Fusion360の「ロフト」は、異なる形状を組み合わせユニークなモデルを作れるコマンドです。 前回、ロフトの使い方の基本では、「ロフト」の基本を説明しました。 今回はより細かい使い方を応用編としてご紹介します。 &nb …

Fusion360のロフトで作ったねこみみバンド

ロフトの使い方の基本:Fusion360

  Fusion360の「ロフト」は、丸や四角など異なる形の間をつなぎ、立体的な形状が作れるコマンドです。 「ロフト」は覚えることが多いコマンドなので、2回に分けて説明したいと思います。 今回は「基本編」として …

Fusion360で自転車のグリップを作った

スイープの使い方:Fusion360

Fusion360の「スイープ」は、任意のプロファイルから、パスに沿ったソリッドを作るための機能です。 こう書くとなんだか難しそうですが、線に沿って”にゅるっとした形”が作れる、Fusion360の中でも、なかなか便利な …

Fusion360の被写界深度を使ったレンダリング

回転の使い方:Fusion360

    Fusion360の「回転」コマンドは、3DCADでも良く使うタイプの造形方法です。 まず、回転の元となるスケッチを作成します。   そして、作成>回転を選び、回転させるとこのような …

Fusion360で作ったパイプ椅子

パイプの使い方:Fusion360

Fusion360の「パイプ」はその名の通り、パイプ的な形状を作るコマンドです。 まず、下地となるスケッチを描きます。 次に、作成から「パイプ」を選び、スケッチをパスに指定します。 あとは、断面サイズを選べばパイプ的な形 …

コイルでバネを作る

コイルの使い方:Fusion360

  「コイル」はFusion360で、バネ的な形状を作成するコマンドです。 単純にバネを作るだけでなく、いろいろなカタチを作成することができます。 まずは、作成から「コイル」を選んで、描画する平面を決めます。 …

Fusion360で作った真珠のネックレス

球の使い方:Fusion360

「球」は、Fusion360で球体を生成するコマンドです。 まず、Fusion360の「作成」メニューから、「球」コマンドを選択し円柱を配置する平面を選択します。 入力パネルでは、「直径」を指定して球体の大きさを決める非 …

Fusion360の円柱で作ったコップ

円柱の使い方:Fusion360

「円柱」は、Fusion360で円柱を生成するコマンドです。 まず、Fusion360の「作成」メニューから、「円柱」コマンドを選択し円柱を配置する平面を選択します。 入力パネルでは、「直径」と「高さ」を指定して、円柱の …