イラストレーターとFusion360の組み合わせ

Fusion360とイラレで、リアルな3D貝殻を作る

Fusion360とイラストレーターを組み合わせると 有機的な3Dモデルを作ることが可能です。 今回は、こんなヒレ貝を作るのに挑戦しました。   イラストレーターで元になる線を描く まずは、イラストレーターでこ …

Fusion360からレーザーカッターのデータを作る

3DCADとレーザーを組合わせ!水玉型の照明を作る方法

レーザーカッターのデータはイラストレーターで、2次元でつくります。 しかし、「立体的なものをイラストレーターで設計するのは難しい。。。。」という声をよく聞きます。 そこで、今回は無料3DCADの「Fusion360」を使 …

イラストレーターのデータを3Dブースにする

イラレと3DCADで、超リアルな展示ブースを作る方法

商品を売るときに、展示会のブースをどう作るかは悩みものです。 イラストレーターで平面図を描くことから始めますが 実物のイメージはなかなか沸きづらいものです。 そこで、今回はイラストレーターの平面図をもとに 無料で使い始め …

イラストレーターのデザインをCADで3D化してみた

イラレと3DCADで、かわいい線のiPhoneケースができた!

2Dのデザインをしていると、iPhoneケースをデザインする機会があったりします。 そんなときは、立体になることをイメージしながら デザインソフトのイラストレーターでデザインをします。 しかし、元が2Dなだけに 実際に仕 …

illustrator_02

イラレとFusion360で3Dロゴを作ろう

2Dのデザインで使うイラストレーターと、無料でも使える3DCADのFusion360を組み合わせて 3Dロゴを作ってみました。 まず、イラストレーターで元になるロゴを作ります。 このままでも良いですが、もう少し変化が欲し …

スプーン

平面の使い方(スカルプト):Fusion360

「平面」は「スカルプトモード」のコマンドです。 色々な形状を作るスタートになるので、よく使います。 まず、メニューをスカルプトモードに切り替えます。 そして、作成の「平面」を選択します。 入力パネルで「平面」の大きさや数 …

Fusion360のロフト

ロフトの使い方の応用:Fusion360

Fusion360の「ロフト」は、異なる形状を組み合わせユニークなモデルを作れるコマンドです。 前回、ロフトの使い方の基本では、「ロフト」の基本を説明しました。 今回はより細かい使い方を応用編としてご紹介します。 &nb …